時短営業中

詳細は新着情報をご覧ください。

-ブログ-

シマハギ

カテゴリ:

シマハギ

全長約20cm。
体色はクリーム色で、黒色の細い横縞が5~6 本あり、その内の1 本は目の上を通ります。
尾柄に鋭いとげがあるので、素手で触れると怪我をすることがあるので注意してくださいね。

クロモンツキ

カテゴリ:

クロモンツキ

全長約30cm。
クロハギなどによく似ていますが眼後方に暗色斑があり、可動トゲ周辺にも後方によく伸びる暗色斑があります。
尾ビレは成魚ではよく湾入しています。

カテゴリ:

トゲチョウチョウウオ

全長約20cm。
チョウチョウウオ科のなかでは大型の種類です。
和名の由来でもある成魚の背びれの後方が糸状に長く伸びています。

アオヒトデ

カテゴリ:

アオヒトデ

美しい青色の大形ヒトデです。
色は鮮やかな青色のものから、灰青色、青緑色、黄緑色、あるいは汚緑色のものまであるそうです。

カテゴリ:

コモンヤドカリ

はさみ脚と歩脚は赤く、毛が生えています。
体全体に青黒く縁取られた白色の点が入り、体長100mmを超える大型種でホラガイなどの貝殻を背負っている姿が観察できます。

ハマクマノミ

カテゴリ:

ハマクマノミ

水深2~10mのサンゴ礁でタマイタダキイソギンチャクと共生し、その触手の間に身をひそめる敵から身を守っています。
一本の白い帯があり、他種より濃い色彩が特徴です。

一緒に写っている青い魚は「ルリスズメダイ」です。

カテゴリ:

ハナミノカサゴ

全長約30cm。
背ビレ、腹ビレ、尻ビレのトゲには毒腺があり、強い毒をもっています。
触れるとトゲの基部にある毒器官より毒液が流れ、激しく痛み危険ですので注意!!

カテゴリ:

ルリスズメダイ

全長約6cm。
名前のとおり全身が鮮やかな瑠璃色をしています。
別名「コバルトスズメダイ」とも呼ばれ、尾びれが透明なのがメスで、尾びれまで瑠璃色なのがオスです。

一緒に写っているオレンジ色の魚は「ハマクマノミ」です。

アカミシキリ

カテゴリ:

アカミシキリ

砂地に生息しています。
背側が黒色で、腹側が赤色になります。
比較的小型種で、沖縄ではアカワタと呼ばれており、食用にもなります。

カテゴリ:

クリイロナマコ

サンゴ礁域にて観察できます。
砂地よりも岩のある場所を好み、体は丸みを帯びた四角柱で体色は明るい栗色です。

クロナマコ

カテゴリ:

クロナマコ

サンゴ礁の砂地に群生する中形で黒色のナマコです。
体色は漆黒ですが、体表に粘液を分泌し、全身粉をまぶしたように白い砂粒をつけています。

カテゴリ:

マンジュウヒトデ

熱帯・亜熱帯のサンゴ礁域・岩礁域に生息します。
和名の由来は見ての通り、饅頭のような体から来ています。
英名ではクッションヒトデと呼ばれています。

TOP < 22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32 END
29 / 32

PAGETOP